PC ガジェット

多くの人がライトニング端子を嫌う理由

 

多くの人が新型iPhoneの情報が出るたびに、充電ポートがType-Cになるorならないの話で盛り上がります。それほどみんながLightningからType-Cになることを願っています。

多くの人がLightningを嫌っているということです

その理由を解説しようと思います。

 

4本セットでPD充電可能なType-Cケーブル 4本で1800円と安くておすすめ

 

 

利点

批判される理由を書く前にライトニングの利点を書こうと思います。Appleが使用し続ける理由は何なのか考えが分かるかもしれません。

裏表がない

一昔前はスマホの充電端子はマイクロUSBが主流でした。

この端子は裏表があります。アンドロイドがマイクロUSBを使っていた時アイフォンはライトニングでした。やはり裏表がないと指し間違いがなくなるのでストレスが減ります。

今はアンドロイドもタイプCを採用しているため、利点はなくなっています。

細い

他のUSBケーブルよりも細いため扱いが楽です。細い分断線しやすいデメリットもあります。

 

欠点

多くの欠点があります。Appleはすべて自分の規格を使おうとします。それが一番の原因だと思います。

①互換性が皆無

Type-CはMacBookやiPadPro、androidスマーフォンやタブレットの充電、映像出力など様々な場所で使われるため互換性が高くType-Cケーブル1本で充電はOKです。そのため、持ち運び時にケーブルが少なく済みます。

しかしiPhoneがあるとiPhoneのためだけにLightningケーブルも余分に持っていく必要があります。ケーブルが多くなると持ち運びの量も増えるため、探しにくくなり、複雑に絡むと非常にストレスです。

 

②純正ケーブルだと断線しやすい

銅線がむき出しorむき出しになりかけている状態を多くの学生が体験していると思います。この状態でテープを巻いて使用し続けていた友達もいました。

これが原因で感電したために死亡した事故も起きています。

https://www.appps.jp/279899/

今すぐ使用をやめたほうがいいです。

もともと純正のケーブルは非常に細いため全体的に断線しやすく、耐久力がありません。しかも根元部分は特に断線しやすく、断線しないようにするためのグッズもAmazonやダイソーなどで販売されるほどです。

タイプCのケーブルだと、もし使っていて断線したり、急に使えなくなっても、ほかで使用しているケーブルを代わりに使うことができるので安心です。

③MFI認証のせいで高い

iPhoneのケーブルはMFI認証(Made For iPod, iPhone, iPad)が必要です。これはiPhoneがアップデートされても充電やデータ通信をし続けることができるという認証です。

企業はこの認証を取るためにiPhoneにお金を支払う必要があります。そのためケーブルの値段が非常に高くなります。

怪しい中華メーカーだとMFI認証を取っていない激安のケーブルを販売しているところもありますが、iOSアップデートすると充電できなくなることがあります。品質もあまりよくないので、数日ですぐに使えなくなることなんてざらにあります。私が使っていた安物ケーブルはアップデートですぐに使えなくなりました。

充電専用のケーブルはダイソーなどで100円売られていますが、データ通信するとなるとMFI認証が必要で500円で売られています。データ通信をするには銅線と端子をつけるだけでいいのでかなりMFI認証の費用が高いことが分かります。

ライトニングケーブルは壊れやすい&高いためランニングコストも高く、多くのお金が必要です。そのため、銅線むき出しでも使う人が出てきてしまうのかもしれません。100円ならたくさん予備として買えます。

ちなみにType-cだと充電とデータ通信可能なケーブルが100円で売られています。

④長く使うと端子が汚れて使えなくなる

使い続けると上の画像のように4番目の端子が汚れてきます。なかなか充電されなくなったと思ったらここが黒ずんでいたということがよくあります。

こすると取れる場合もありますが、取れない場合は無水エタノールやクイックドライクリーナーなど電子機器専用の洗浄液等を使う必要があります。やすりでも取れますが、端子が削れるので直すどころか壊すことがあるのでやらないことをおすすめします。

まとめ

ライトニングはかなり欠点が多いことが分かりました。

最近のスマホやパソコン、タブレットにはすべてといっていいほどタイプCが使われています。はやくiPhoneもタイプCを使ってほしいです。

 

 

 

-PC, ガジェット
-, , ,